結婚式 マナー

結婚式のマナー講座!恥ずかしい失敗をしたくない方必見!

結婚式、服装のマナー

結婚式服装

結婚式に呼ばれた方たちは、服装をどうしたらいいか、気になる所だと思います。

 

それなりの華やかさも必要だけど、主役は花嫁・花婿になりますので、目立たないような服装を心がけましょう。

 

 

まず、白の服装はNGです。
白は、花嫁のウェディングドレス、純白の色という意味になりますので、白の服装は避けましょう。

 

他にも、写真を撮ったときに、白に見えてしまう色、薄いピンクや薄いベージュも白として映ってしまう可能性がありますので厳禁です。

 

やむを得ない場合には、濃い目の色の羽織物などを使う方がいいでしょう。

 

 

さらに、肌の露出が多い服装もNGです。

 

胸元や背中が大きくあいたドレスや丈の短いドレス、ボディライン重視のドレスなど、オシャレにはなると思いますが、自分アピールのパーティーなどではありませんので気をつけて下さい。

 

結婚式は、あくまでもお祝いの席になる事を忘れないで下さい。
それに、幅広い年齢層の方たちが呼ばれています。
節度のある服装にしておくこともマナーだと思います。

 

 

履き物も、ミュールなどのかかとが出る靴、、カツカツ音が出るような靴は避けましょう。

 

 

新郎・新婦に記念になる結婚式にするために、ゲストが節度のある服装で華やかに演出出来たら、とてもステキな結婚式になると思います。

 

結婚式の前に人気なのがブライダルエステ 神戸です!
神戸でブライダルエステをするならこちら!

 

神戸ではなく、関西といえば大阪!
大阪の梅田や心斎橋でブライダルエステを受けたい方はこちらのサイトをご参考にしてみてくださいね!

 

結婚式、ご祝儀のマナー|金額は?祝儀袋は?

ご祝儀のマナーも知っておきましょう。

 

まず、「新しい旅立ちをお祝いする」ということで、ご祝儀のお札はキレイなお札を用意しましょう。

 

ご祝儀の金額で、「4」は「死」、「9」は「苦」という連想をさせるため、避けるようにしましょう。

 

また、昔から偶数も「別れる」などと連想をさせるため、偶数ではなかったそうですが、今では「夫婦」や「ペア」という意味で「2」を使われるようになってきました。

 

ただ、まだ気にされる方もいらっしゃいますのでその場合は、1万円札と5千円札2枚にすると良いと思います。

 

 

結婚式ご祝儀

>ご祝儀袋は、水引が一度結んだらほどけないという結び方になっている「結びきり」にして下さい。
蝶結びのにしてしまうと、「何度も繰り返えされてほしい」という意味なので、結婚式用としては、厳禁とされます。

 

ご祝儀袋は、種類がいっぱいあって迷うときは、パッケージにご祝儀で用意した金額が書かれている物を選ぶのもいいと思います。

 

 

お札を中袋に入れる際は、表向きに入れるということが一般的とされています。

 

 

最後にご祝儀を渡す際、「本日は、おめでとうございます」と言葉を述べてからご祝儀を取り出し、受付の方に分かりやすいように向けて、両手で渡すということもマナーになります。

 

 

 

素敵な結婚式にしましょう!

夜の結婚式に出席する時のドレス

結婚式は大体が昼間に行われるものですが、中には夜に式をするというカップルもいます。
夜に式をするのはいいけど、服装はどうしたらいいのかと悩む人も多いでしょう。
昼であればドレスタイプのワンピースやスーツなどを着て出席します。
しかし夜の式に出席するのであれば、イブニングドレスやカクテルドレスがおススメですよ。
昼に着るドレスなどは肌の露出を抑えたものが望ましいとされています。
ですが夜に着るイブニングドレスやカクテルドレスは、肌の露出が多いデザインばかりです。
ですので夏場は薄手のショールを、冬場であればファーなどの上着を上から羽織っておきましょう。
夜に着るドレスは丈が短いものから長いものまであります。
これは年代別によって分ければいいので、二十代〜三十代は膝丈、四十代は膝下のロング丈のものを選びましょう。
アクセサリーは目立ちすぎるのも良くありませんが、地味すぎるのもよくありません。
花嫁より目立たないということを心がけ、オシャレをしていきましょう。

 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ